MENU

日本からいちばん近い英語圏。それはフィリピンです。しかしながら、タガログ語を始めとする現地語が多く使われています。フィリピンは英語が母国語ではないのです。それでもフィリピンは英語を公用語としています。それは、数多くの島から成り立っているのがフィリピンです。それぞれの島々には、独自の言語(方言)があり、国を一つにするには言語を統一する必要がありました。そこで国策でフィリピン国民が英語を学び、公用語としているのです。だからこそ、英語を学び英語を教えることを熟知しているフィリピンに短期間でも滞在して、英語を学ぶことは非常に有意義です。費用も欧米留学より割安です。授業はマンツーマンがメインです。短時間で英語力のアップと、費用対効果の大きさを体感できます。次に体感するのは「あなた」です!